2016年7月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa



Northampton Museums and Art Gallery

今年に入り、H?katsukawa From Tokyoのコンセプチュアルシューズ「return to the soil」が、イギリスの美術館Northampton Museums and Art Galleryにコレクションとして収蔵される事になりました。

そして、先日正式に展示ディスプレイが整ったという連絡を美術館から頂きました。

そのNorthampton Museums and Art Galleryは、紳士靴の聖地としてしられるイギリス・ノーザンプトンにある美術館です。

別名SHOE MUSEUMとも呼ばれています。

H?が本格的にシューズ製作を学んだ学校も、そのノーザンプトンにある公立の職業訓練校が設けるシューメイキングコースでした。

その本場の美術館に、自身の作品が収蔵されるなんて夢にも思いませんでした。

ちなみに日本人が、さらには東洋人が作ったシューズの作品が、こちらの美術館に収蔵されるのは史上初との事です。

そのような意味でも、色々と思うところも多く、本当にうれしい限りです。

この作品は、例えばH?が土に還った後も、変わらずここに存在します。

先々H?が土に還ってしまって寂しくなったら、こちらの美術館へH?のこの作品を訪ねてください。

H?生きた証の一つに出会えるはずです。

なんて少し大袈裟ですね(笑)

そして、こちらが昨年この「return to the soil」を発表する機会になった「JAPAN靴博2015」のOPENERSでの記事です。

どのような思いで、このシューズを製作したのかを知っていただけると内容になっていると思いますので、ぜひご一読ください。

伊勢丹新宿店メンズ館「JAPAN靴博2015」に“土に還る靴”を出展|H? Katsukawa from Tokyo


カテゴリー: , | タグ: , , , , , , , , , , |