2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa


日別アーカイブ: 2014年9月17日

Deer Skin

OPENERSブログをご覧の皆様こんにちわ。

シューズデザイナーの勝川永一です。

 

展開するブランド・H?Katsukawa From Tokyoの2015春夏コレクションで、

鹿革(Deer Skin)を0.4mmに薄く漉き縫製したLatehr T ShirtsのLeather shortsをデザイン製作しました。

 

そのLeather T Shirtsに使用した皮革は、創業115年を超える奈良を本社に置く、鹿革製作の「藤岡勇吉本店」のDeer(鹿革)を使用しています。

 

さらに、0.4mmに薄く漉く加工は、東京墨田区にある皮革加工の

「墨田革漉工業株式会社」にお願いした技術です。

さて、なぜ今回Deer Skin(鹿革)でこれらのコレクションを作ったかといいますと、Deer Skin(鹿革)は衣料にとても適した素材で、ぜひ体感して頂きたいと思ったからです。

ディアスキン(鹿革)は、“レザーのカシミア”といわれるほどレザーの中でも最高級な素材で、柔らかくしなやかな感触は、鹿革独特の結合繊維によるものです。また、丈夫で耐久性にも優れ、水に対しても抵抗力があるのが特徴なのです。

このコレクションで使用した鹿革の「素上げ」というなめしの技術で仕上げられた鹿革は、鹿革本来の傷などをあえて隠さず仕上げる方法は天然の皮革であることの証でもあります。

また、今回このLeather T ShirtsではTシャツ1枚を1頭120DSの量の2枚で、約2頭分の革を使用しています。

 

この自然から乖離した都市生活において、Deer SkinのLeather T Shirtsを着る事は「イノチを着る」事であり、根源的な何かを感じさせてくれ、この都市生活を豊かにしてくれるのではないかと思うのです。

 


カテゴリー: 未分類 |