2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa


月別アーカイブ: 11月 2014

RidersJacket

H?Katsukawa From TokyoでレザーのRIDERSJACKE(ライダースジャケット)を製作しました。

オーダーの受注生産です。バイカーではない自分ですが、ワードローブとしては定番です。

レザーやスタイルやそのデザインが男心に響きます。

着るたびに、大型のバイク免許取って、どこか遠くへへライドなんて考えますが、スクーターで代官山の蔦谷(ツタヤ)書店へ行くくらいが現実です。

それでも、ライダースジャケットを着ると、少し強くなったような錯覚に陥ったり、どこか遠くへ行けそうな気分にさせてくれるとても魅力的な冬のアウターです。

 

 

ずっと愛用していたのは、イギリス留学時代に、グリニッジビレッジのマーケットで45ポンドで買った、ベルスタッフのレザーWライダースジャケットです。

見つけたときは、グリニッジで一人ガッツポーズをするほどうれしかったレア物です。

それ以来毎年、冬のアウターの定番として毎年来ています。

そんなお宝を持っているH?ですが、今回はそのヴィンテージの

ライダースジャケット(あえて和製英語で)にはない素材感や洗練されたパターンやクオリティで、思い入れいっぱいでライダースジャケットを作りました。

 

 

これが長年愛用しているヴィンテージのベルスタッフもライダースジャケット。

 

 

今は亡きネームにもぐっと来たりしますが。

新しく作った洗練されたライダースジャケットもスタイルも着心地もとても良く、

その2着を交互に着ています。

この冬は、バイクに乗るバイカーではありませんが、毎日ライダースジャケット(あえての和製英語)を着そうな予感です。

 


カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |