2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa


日別アーカイブ: 2014年12月2日

BRASS SHOE HORN

 

こちらですが、SHOE HORNなんて仰々しいものではなく、ミニ靴べらと呼ぶのがふさわしそうな

H?Katsukaの真鍮製ミニ靴べらです。

VAN全盛期にVANのノベルティや真鍮製品のほとんどを製作していた

吉田三郎商店さんの製作です。

いまだ東京で手作りの真鍮製品です。

ロマンチックな素材です。

そもそも、Shoehorn(シューホーン)の語源はイギリスが起源でHORNという名前の通り、元来動物の角で作れていたものですが、
丈夫で壊れにくく、経年変化が楽しめるBRASS(真鍮)もシューホーンにうってつけの素材です。

 

 

靴べらを使わず靴を脱ぎ履きすると、どうしてもカカト部分が切れたりしてしまいますので、ぜひこんな小さな靴べらをカバンに忍ばせておいて頂ければと思います。

 

靴屋より。

 

 

 

 


カテゴリー: 靴用品 | タグ: , , , , , , , , |