2015年4月
« 2月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa


月別アーカイブ: 4月 2015

スニーカーを作りました。

いつもH?KatsukawaのOPENERS BLOGをご覧頂き、ありがとうございます。

すこしご無沙汰してしまいました。

最近は、ここ2週間で15AWの展示受注会をアトリエで催しておりました。

小さな小さなアトリエに、多くのバイヤーやメディア関係者にお越し

いただいて、心から感謝しています。

一息つく暇もなく、すでに2016年SPIRING&SUMMERへの企画も進めており、

止まることなく時間や時代は流れていくのですね。

さて、時間や時代の流れといえば、昨今のフットウェア事情も

大きな変革期を迎えているようにも感じています。

技術の進歩の中で、車やコンピューター、ITネットワーク、繊維素材なども

日々進化し形が変わっていきます。

同じようにフットウェアも日々進歩しています。

しかしながら、ファッションとしてのフットウェアだとすると、

ファション自体が歴史を大事にしたスタイル(様式美)を重視しますので、

必ずしも先進的な機能だけを良しとしない、ある意味不思議である意味で

ロマンチックな世界でもあるかと思います。

機能の進歩だけを良しとしない、ファッションとしてのフットウェアも、

近年は履きやすさ、コンフォートのような機能の充実が大きく求められています

(と感じています)。

そのような状況の中、ビブラムのモールドソールを使用した、

日本製スニーカーを作りました。

アッパーには日本製の山羊革を使い、底には高品質で有名なVIBRAM社のソールを

使用してます。

靴とスニーカーの間のようなイメージでしょうか。

厳密には「シューズ」だと思っています。

ややこしいことを言ってすみません。。。

私たちフットウェアを製作するものからの観点では、

ビブラムのモールドソールを底に使用した「シューズ」。

フットウェアには、革底のシューズやスポーツメーカーのスニーカーや、

バルカナイズドしたローテクスニーカーや、

発砲したスポンジのサンダルやビーチサンダル、

草履、雪駄まで含みますが、

創ろうとしている方向性は近いのではないでしょうか(と考えてます)。

そんな、フットウェア変革期に私自身も非常にワクワクしながら、

グッドイヤーウェルテッドのチロリアンシューズを履いてみたり、

スポーズシューズメーカーのハイテクスニーカーでランニングしてみたり、

ローテクスニーカーのスリッポンで出かけてみたり、

草履を室内履きにしてみたりと、いろいろ楽しみながら、

次に作るべき物を考えています。

H?Katsukawaが作るスニーカーは、都市生活者の豊かな生活を

サポートするシューズとしての快適な機能や、手入れが出来るレザー、

修理が出来るリフトなどリペアラブルな事で、長く履いて頂けることや、

長く大事に履くといういう生活の豊かさが、大きなキーワードです。

こちらのH?katsukawaが作るTHE SHOE OF LIFEのスニーカーは

、伊勢丹メンズ館地下一階紳士靴フロアで取り扱いがありますので、

お近くの際はぜひお試し履き下さい。

 

お問い合わせ

伊勢丹メンズ|靴 伊勢丹新宿店

東京都新宿区新宿3-14-1 Tel. 03-3352-1111(大代表)

http://www.isetan.co.jp/

 

 

 

 



カテゴリー: スニーカー, , | タグ: , , , , , , , , , , , , |