2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa



PEN 2015年9月1日号

PEN

 

本日発売のPENにて、「思い入れに満ちた私の愛用品教えます。」というお題の誌面で愛用品のロバート・ウェルシュによるOld Hallをご紹介しています。

私自身、様々なデザイン、プロダクトを愛用しています。

今回ご紹介したような、日用品としてのプロダクトデザインは、暮らしや環境の本質を考える生活の思想が詰まっています。

長い暮らしの積み重ねの中に、その形の根拠があります。

そのような民芸的プロダクトデザインとイギリスの生活文化と産業技術の発達と進化。

このような一つのプロダクトに、様々な要素が詰まっています。

私は、そのようなデザインを、まず英国のプロダクトから学びました。

もちろん、私が主にデザインをするシューズもその一つです。

英国好きの方はもちろん、そうじゃなくてもモノ選びの楽しさが詰まったPEN本号をぜひ、ご覧ください。

 


カテゴリー: 雑誌掲載, | タグ: , , , , , , , , , , , |