2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
勝川永一/KATSUKAWA Eiichi
イノチを履く、イノチを着る。
Shoe designer (シューデザイナー)
東京都目黒区出身
シューズブランド「H?Katsukawa From Tokyo」を主宰。

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターン として師事。
2004年10月に帰国。
帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクション を発表し、
大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur (レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイ ナー
として、独自のポジショ ンを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフス タイルサービスショップ
「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフター サービスにも取り組んでいる。

http://hkatsukawafromtokyo.net
http://instagram.com/hkatsukawa


日別アーカイブ: 2015年12月18日

靴木型

気づくと、12月も下旬に差し掛かろうとしています。

自分のシューズデザインの仕事は、来年2月に展示会を予定していますので、

その間でのサンプルアップが必須で、今時期にどれだけ進められるかが、勝負の時期です。

そして、表題にあります靴木型が、シューズをデザインする上で、全てのスタートになるのです。

人間の足の構造やサイズを木型にデザインとして反映し、既製靴として展開するべく、まず木型を設計をします。

身体性という機能とデザインの融合です。

こちらなどは、非常にベーシックなラウンドトウの木型で、「土に還る靴」でも使用した、

H?の定番型です。

こちらは、2012年に発表したシンメトリーシューズの木型です。

底面の左右がシンメトリーです。上部は、左右フィットするように作り身体性も確保しています。

シンメトリーの木型で作ったシンメトリーシューズはこんな愛らしいシェイプになります。

こちらは、初公開!2012年から考案している木型なのですが、見ての通りコンセプトとシェイプが複雑で、いまだ身体性とデザインの融合が出来ずに、お蔵入り寸前です(笑)

あきらめずいつかシューズとしてお目見えするかもしれませんのでお楽しみにされて下さい。

そして、こちらは、イギリス留学時代にイギリスのノーザンプトンの木型メーカーで購入した、某有名メーカーの某モデルのラストです(笑)ノーザンプトンでは、靴学生に門戸を開放して人材の育成をするスタンスがあります。

伝統的なドレスシューズの木型ですが、英国の服飾としてのドレスシューズの木型のラインを感じることが出来ます。留学時代にこの木型で何足かシューズを作った思い出の木型です。

一つのデザインを既製品で製造するにこのような製造用のプラ型を30台程度を作らなければならなかったりします。コスト的にもその都度高くつきますが、この靴木型がないとシューズが作れないのです。

いろいろ思いをはせながら、次はどんな靴木型にチャレンジしようかなどと、この年末も思いを巡らせています。


カテゴリー: 製造, | タグ: , , , , , , , , |